これまでに収集した電話占い情報を記事として発信するサイトです。

占いに対してネガティブな女性の占いの捉え方

2020.09.10

占いに対してネガティブな女性の占いの捉え方

占いといって思いつくものと言えば、なんでしょうか?様々な占いがありすぎて、何がなんだかわからないというのが私の正直な感想です。

一番身近なのは血液型占いですかね。血液型と言ってもA,B,O,ABの4種類ぐらいじゃないですか?それで当たるとか当たらないとか言われてもという気がします。

私自身は占いを信じていません。朝の情報テレビ番組とかで、やってる占いも「なんじゃそりゃー」的なものが多いですよね。

ラッキーアイテムなんかなんでもいいよっていう気持ちになります。しかし、現実には占いを頼りにしてる人もいるんですよね。

その気持ちが信じられないです。自分の人生、自分で選択しましょうよ。占いなんかに頼らない生き方でいいと思います。私も別に占いを完全否定しているつもりはないので、自分にとっていい占いなら信じてもいいと思いますけどね。

でも実際のところは「ふーんそうなんだ」ぐらいのレベルで聞き流しています。女性の方が信じている人は多いんでしょうかね?

会話する分には占いの話は盛り上がると思いますし、会話のきっかけとしてはいいんじゃないかなとは考えてます。今ある全部の占いを合わせればいいのにっていう風には思いますけどね。

どうなんでしょうか?あるんですかね?血液型占い、手相、人相、星座占い、などすべての占いを合わせて、あなたはこういう人です。

と言われれば、少しは信じるかな?占いは自分の未来を見たいものですよね。過去を振り返って当たってるといっても、別にだからどうしたとなりませんか。

未来は自分で切り開くものです。占い師なんかに決められてたまるかというのがあります。他人に関係ないだろっていう話です。

というわけで、占いは好きではありませんという話でした。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ